本読みライフ

読書ブログをやろうと思って気づいたら迷走している。

近況〜もうすぐカウンセリング〜

気がつけば1ヶ月くらいブログを更新してなかったな。

 

そう言えば前回はカウンセリングの前日に更新したんだった。そしてそのカウンセリングの内容は全く覚えていない。

 

書かなかったということは特にこれといった進展も何もなかったんだと思う。

 

明日で新しい先生になって5回目のカウンセリングだけどやっぱりもうやめようかなと思う。

 

思えばやっぱりファーストインプレッションからしてこの先生とは合わないなと思ったのは間違いではなかった。

 

でもだからといって他の先生に変えてもらうというのも違う。

 

もう僕がカウンセリングをする時期は過ぎてしまったんだと思う。

 

だいたいなんのためにカウンセリングするのかというと、まぁ、別に何でもいいっちゃいいんだけど、僕は、やっぱり病気を治すためにするものだと思っている。

 

だけど、最近の僕のカウンセリングは病気というより、なんというか人生相談、仕事相談みたいな感じになっていて、ちょっとこれは違うなとは思っていた。

 

なんの仕事をすればいいのだとか、そもそもあまり仕事をしたくないとか、今のところがなかなか辞めさせてくれないだとか、そういう相談なら別に障害者用の仕事サポートセンターというところがあるのでそっちだろうし、

 

はたまた、やりたいことがわからないとか、人生の意味とは何かとか、生きる目的、夢がないとか、そういったことは、病気とはほとんど関係がなく、自分の問題というか、人生哲学の問題というか、これを他人に相談しても詮無いことだ。

 

僕にはそういうとき、心の支えにしている本が二冊あります。今回もまたこれらの本を読み返しました。僕は滅多に同じ本を読んだりしないタイプなのでこれは非常に珍しいことであり、だからとてもいい内容なのだと思います。

 

 

 

 

植島啓司先生の「偶然のチカラ」と「生きるチカラ」です。

 

これを読むと心が少し楽になります。なにか、人生の真理を突いているような気にもなります。

 

僕のバイブルですね。

 

結局、僕が戻っていく場所は本なんですよねぇ。

 

ところで近況ですが、5月29日を最後にそれまで12月から通っていた(といってもほぼ在宅)B型事業所を辞めてしまいました。

 

まぁ、正確に言うと、辞めたことにはまだなってないような気もしますが、とにかく、こちらからの連絡を一切絶って、向こうから連絡も来ないようにブロックして、いわば無断欠勤によるフェイドアウトを狙いました。

 

もうこうするより他に方法がないように思えたからです。

 

辞めたい、と連絡すると、必ず三者面談が行われ、僕はその場で言いくるめられて続ける、と決心するも、またすぐに辞めたくなってを繰り返していたので、もう強引におさらばするしか方法はないと思ったのです。

 

でも、恐らく向こうはまだ僕の籍?みたいなのを保っていて、僕は正確には辞めた状態にはなってないんだと思います。

 

けれどももう(というか1月の20日くらいから)やる気はゼロだし、話し合いで一時的にやる気が出てきても、またすぐにやる気がなくなっていくし、はっきり言って終わってると思うんです。

 

だいたい、やりたくもないものを時給300円でやるなんて変でしょう?

 

人は変わるんです。僕のプログラミング人生は多分もう終わったのでしょう。まだ、入門者の段階すら卒業しきれなかったですが。

 

あと、変わったことといえば、5月の25日くらいからジムに行き始めました。

 

これは、10年以上親交のある人からかなり前からしつこく行け行けと言われていたのですが、結構なお金もかかりますし、だいたい運動が嫌いだし、別に筋肉つけたくないしで、なかなか行けないでいました。

 

でも、今回はなんとなく行ってみようかなぁということでお金のことなど考えずに即入会して、今までで7回行きました。最初の6回はスタッフの方がつきっきりでマシンの使い方とか色々教えてもらって、それが終わるとあとは自分でやる感じです。

 

まぁ、さっきも書いたように僕は別に何か目標があるわけでもないので、まぁ、健康維持のため、みたいな感じで軽い気持ちでやってます。

 

とはいえ、最初の頃は、筋肉痛というか、それよりももっとひどい、引っ越しのアルバイトをした翌日、みたいな全身疲労に襲われて一日中寝込む、みたいなひ弱な体なので、けっこう大変だなと思ったのですが、それも徐々に緩和されてきて、今ではいい感じでやれてます。

 

ただ、思ったのは、これは僕が無職だから出来ることで、もし普通の人でフルタイムで働いているサラリーマンだったら多分続けることは無理だろうなということです。そんな根性僕にはありませんから。

 

その勧めてくれた方から聞いたのですが、実際に1年間続く人は数%しかいないらしいです。なんだかダイエットみたいですね。それだけ厳しいということでしょうか。

 

それからあと一つだけ変わったことといえば、4月6日にLINEMOから楽天モバイルにしたのですが(月額500円くらい安くなるため)、6月14日にまたLINEMOに出戻りしました。

 

実際に約2ヶ月ちょっと使ってみて、感想として、使えないことはないが、完成度の点において、まだ未熟なことがあると感じたからです。

 

具体的には、通信エリアがかなり広がってはいるのですが、そこは後続であるためまだ少し先行するキャリアに比べて入りにくいところが多かったです(これは僕が住んでいる地域が例えば福岡市や東京なんかと比べると田舎ということもあるかもしれません)。

 

あと、楽天リンクという通話アプリを使うと、24時間通話かけ放題というのに惹かれてしかもLINEMOの5分かけ放題よりも550円も安い、という安さにも惹かれていたのですが、罠がありました。

 

この通話アプリからかける電話は、前に僕が使っていたSkypeの通話と同じで、データ通信回線を使って行うもので、これは、見た目は一見わからないんだけれども、電話回線を使って行うものではないんですね。

 

Skypeの通話のときもかけられない番号があったり、色々苦労しましたが、楽天リンクもやはりかけられないところがありました。どういう理由かはわかりませんが、とにかくデータ回線を使う通話はトラブルが発生しがちなのです。

 

それに、細かいところなのですが、着信はiPhoneデフォルトの電話アプリに来るのに、かけるときは楽天リンクを使わないといけないという一手間、とか、Siriで「〜さんに電話」といって電話をかけられないとか、そういった不便さもあります。

 

そういうことで、またLINEMOに戻ってきたわけですが、そもそもLINEMOの月額費も1540円だったわけで、それが1080円くらいになるからといって楽天モバイルに変えたのが愚かでした。今思えば。せこい…。

 

という感じで、僕の近況はこんな感じです。

 

ああ、誰にも需要のない一無名おじさんの近況で2800文字も書いてしまった。すみませんでした。💦